アドミッションポリシー


トップページ › アドミッションポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

求める学生像と受入の基本方針(全学科・専攻科共通)

北里大学保健衛生専門学院は、北里柴三郎博士の実学の精神に基づき、臨床検査技師・臨床工学技士・管理栄養士・看護師・保健師に関する職業教育を行い、健康と福祉の増進に寄与する人材を育成することを目的としていることから、これら専門職種を目指す明確な目的意識と学習意欲を有する者を選抜することを基本方針とします。

臨床検査技師養成科

理念

医学検査を実践できる十分な基礎的知識と技術を修得し、各種現場での高度な内容に対応でき、医療人の一員としての人格、倫理観、使命感を持ち、他の医療職種の人たちとチームを組み、活躍できる人材を養成することを学科の理念としています。

求める学生像
  • 医学に関する高い関心と優れた人格を備える学生。
  • 幅広い視野と向上心を持つ学生。
  • 周囲の人と協力し、自分の役割を果たせる学生。
  • 自ら積極的に学習する姿勢を持つ学生。
  • 生活・健康の自己管理ができ、責任ある行動がとれる学生。
入学者選抜方針
入試区分 選抜方針
推薦入学試験 コミュニケーション能力に優れ、臨床検査技師になる意欲が明確な学生の入学を希望します。
一般入学試験 教科(英語、国語(現代文)、数学I、化学基礎、生物基礎のうち2科目)について十分な基礎学力を有する学生の入学を希望します。
AO特別選抜入学試験 コミュニケーション能力に優れ、臨床検査技師になる意欲が明確な学生の入学を希望します。

管理栄養科

理念

人間栄養学について十分な知識と技術を身につけ、臨床に即して知識を応用・実践できるよう、ヘルスプロモーションの考え方に立脚した栄養教育を行うことを学科の理念としています。

求める学生像
  • 人間性にあふれ、自ら成長できる学生。
  • 管理栄養士になる意欲が明確な学生。
  • 積極的に学ぶ意欲に満ちている学生。
入学者選抜方針
入試区分 選抜方針
推薦入学試験 コミュニケーション能力に優れ、管理栄養士になる意欲が明確な学生の入学を希望します。
一般入学試験 教科(英語、国語(現代文)、数学I、化学基礎、生物基礎のうち2科目)について十分な基礎学力を有する学生の入学を希望します。
AO特別選抜入学試験 コミュニケーション能力に優れ、管理栄養士になる意欲が明確な学生の入学を希望します。

保健看護科

理念

看護を志す人々がより豊かな知性と感性を追求し、個人及び集団に対し、それを取り巻く環境も含めて総合的に働きかけ、人々のよりよい健康を実現することに貢献できる看護師・保健師を育成することを学科の理念としています。

求める学生像
  • 人間や人々の生活に強い関心を持っている学生。
  • 看護師・保健師になりたい気持ちが明確で、看護に関心を持っている学生。
  • 自ら学ぶ姿勢(予習・復習ができる)が身についている学生。
  • 他者の話をよく聴き、自分の考えを表現できる学生。
  • 周囲の人と協力し合い、自分の役割を果たすことができる学生。
  • 生活・健康の自己管理ができ、責任ある行動がとれる学生。
入学者選抜方針
入試区分 選抜方針
推薦入学試験 基礎学力を有し、人間性豊かで、看護師・保健師になりたい気持ちを自らの言葉で表現できる学生の入学を希望します。
一般入学試験 国語(現代文)及び教科(英語、数学I、化学基礎、生物基礎のうち1科目)について十分な基礎学力を有し、人間性豊かで、看護師・保健師になりたい気持ちを自らの言葉で表現できる学生の入学を希望します。
AO特別選抜入学試験 他者の話をよく聴き、自分の考えを表現でき、人との関わりを大切にしている学生、及び人間や人々の生活に強い関心を持ち、看護師・保健師になりたい気持ちが明確で、積極的に学ぶ意欲のある学生を希望します。

臨床工学専攻科

理念

医療機器が多様化する現場において、応用が可能な基礎知識を修得し、適切な判断ができる能力を養うとともに、医療人の一員として、患者さまに安心感を与えることのできる人格・倫理観・使命感を持ち、他の医療職種の人たちとチーム医療の現場で活躍できる人を養成することを専攻科の理念としています。

求める学生像
  • 積極的に学ぼうとする姿勢を持つ学生。
  • 臨床工学技士になりたいという意志が明確な学生。
入学者選抜方針
入試区分 選抜方針
推薦入学試験 自分の意見を第三者に明確に伝えることができる学生の入学を希望します。
一般入学試験 数学・人体の構造及び機能についての基礎学力を有する学生の入学を希望します。