ブログ


トップページブログ › 【入学センター】必見!トリックアート

【入学センター】必見!トリックアート

こんにちは。
入学センター 関です。

皆さんは、「トリックアート」をご存じですか
実際は平面に描かれているのに立体的に見える絵や、角度によってまったく 違った印象になる作品など、人の錯覚を利用した作品です。

ただいま、本学院の図書館にも期間限定で展示されています

Img_2876図書館に入ると・・・

Img_2877机の上に立体模型と鏡が置かれています。

Photo拡大写真はここまで。あとは実物をお楽しみください

実際の模型の形と鏡に写った形が違うんです

何度も見返してしまうこの作品。
こちらは、杉原厚吉先生(東京大学名誉教授、明治大学先端数理科学インスティテュート副所長)の作品です。

学院近隣の「池田記念美術館」で1月7日(土)~2月28日(火)に展示される「錯覚展-不可能立体の不条理世界」に関連して、本学院でも作品をお借りしています。

本学院の学生は、学生証の提示で通常500円かかる美術館の観覧料が「無料」となります。
(池田記念美術館さま、ありがとうございます!)

特別展示以外の常設展示も観覧できますので、この機会に池田記念美術館に足を運んでみてはいかがでしょうか?